知っておきたい不妊ニュース

2021.02.19
不妊治療の助成制度が発表

Bable編集部が気になる不妊ニュースをセレクト。知っておきたい情報をチェックしておこう。

https://www.asahi.com/articles/ASP1Z6JFXP1YPLBJ001.html

朝日新聞の記事によると、大阪大学の研究チームが、マウスを使った実験で、精子の運動に関わる重要な遺伝子を発見したとのこと。

https://www.asahi.com/articles/ASP2456N2P24UTFL008.html?fbclid=IwAR2c5Pj_4NCJj0CkVerAgcbyt2hWsyao2ngvAQ7nv-7RFwIXqaPYFQZsQiE

こちらも朝日新聞の記事だ。不妊治療の助成制度を受けるにあたって、医療機関に治療実績や費用といった情報の公表を助成の条件とすることを決めたという。体外受精や顕微授精といった治療方法ごとの年間実施件数やそれぞれの費用を都道府県などに毎年3月末までに報告することを条件とする。実施件数だけの発表については、実施件数だけでなく成果の発表にまで踏み込むのではないか、という懸念もあった。仮に「成績」の開示までが条件になるとについては現場の医師からも疑問の声は上がっている。理由は「成果まで発表となると確率の低い患者への治療に対しては慎重にならざるをえない」というものだった。

今後の制度の正式な発表が待たれる。