東京都の制度を解説、男性不妊治療(精巣内精⼦⽣検採取法等に係る医療費助成)まとめ

東京都の男性不妊治療に関する助成金を下記にまとめました。分かりやすく概要のみを記載(転載)しておりますので詳細は本ページ最下部にあります東京都福祉保健局の不妊検査等助成事業ページを参照してください。

■助成の対象となる治療
医療保険が適⽤されない⼿術代及び精⼦凍結料を対象とします。
・精巣内精⼦⽣検採取法(TESE)
・精巣上体内精⼦吸引採取法(MESA)
・経⽪的精巣上体内精⼦吸引採取法(PESA)
・精巣内精⼦吸引採取法(TESA)
検査料、凍結した精⼦の保存料(管理料)、⽂書料、⼊院室料(差額ベッド代等)及び⾷事療養費は助成対象外です。

■助成上限回数
特定不妊治療費助成の妻の助成上限回数の範囲内で申請できます。
ただし、特定不妊治療費助成の申請と同時に申請することが必要です。

■助成額上限
特定不妊治療の治療終了⽇の属する年度⼜はその前年度に⾏われた⼿術1回につき、15万円を上限に助成されます。
平成31年4⽉1⽇以降に⾏った⼿術で初めての申請に限り30万円を上限に助成されます。

■対象者
以下の1から3までの全てに加えて4か5のどちらかを満たす必要があります。

■指定医療機関
下記の医療機関を受診してください。
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/kosodate/josei/funin/si_list.html
都外の医療機関については、所在する道府県・指定都市・中核市において指定を受けている場合、対象になります。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000047346.html

■助成対象期間
「1回の治療」が終了した⽇の属する年度の末⽇(3⽉31⽇消印有効)まで
年度とは当年4⽉1⽇から翌年3⽉31⽇までを指します。
「1回の治療」が終了した⽇とは、妊娠の確認(妊娠の有無は問わない)の⽇⼜は医師の判断によりやむを得ず治療を中⽌した⽇を指します。

■必要書類

■送付先
郵便番号163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都庁第一本庁舎28階
東京都福祉保健局少子社会対策部家庭支援課母子医療助成担当
※簡易書留や特定記録郵便など、差出・配達が記録される郵便を推奨

■その他詳細
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/kosodate/josei/funin/shinsei.html
東京都福祉保健局上記ページ内にある下記PDFを参照してください。
東京都特定不妊治療費助成事業のご案内【説明書】令和2年7月版