東京都の制度を解説、特定不妊治療に係る医療費助成金まとめ

東京都の高度不妊治療に要した費用に対する助成金を下記にまとめました。分かりやすく概要のみを記載(転載)しておりますので詳細は本ページ最下部にあります東京都福祉保健局の不妊検査等助成事業概要ページを参照してください。
※こちらは女性不妊の助成金に関するまとめとなります。

■助成対象
体外受精及び顕微授精が対象となります

■助成金額
治療1回につき、以下の助成額上限まで助成します
(初めて助成を受ける場合、上限額額はカッコ内の額となります)

 治療ステージA     20万円(30万円)
 治療ステージB     25万円(30万円)
 治療ステージC・F   7.5万円
 治療ステージD・E   15万円(30万円)

※初回の助成上限額拡大(30万円)についての注意点
複数回の治療を受けた場合、「治療終了日」の早い順番で承認されます

初回(1回目)として助成を受けた治療よりも前に終了していた治療を後から承認することはできませんのでご注意ください

■「1回の治療」の考え方と治療ステージごとの助成対象となる範囲
「1回の治療」とは、採卵準備のための投薬開始から、体外受精・顕微授精1回に至る治療の過程を指します
また、以前に行った体外受精・顕微授精により作られた受精胚による凍結胚移植も1回とします

■助成回数
初めてこの助成を受けた時の治療開始日時点で、
妻の年齢が39歳までの夫婦  通算6回まで
妻の年齢が40歳以上の夫婦  通算3回まで
※1回の治療期間の初日における妻の年令が43歳以上で開始した治療は全て対象外です

■通算の助成回数に関する考え方
初回の助成認定時における治療開始時点の年齢で固定されます。
39歳までに初めて助成を受けた場合、40歳を超えても通算回数は6回のままです
助成を受けた回数が上限に満たない場合でも、妻の年齢が43歳以上で開始した治療は全て助成の対象外となります
助成回数は、他の自治体(道府県・指定都市・中核市)での助成を含みます
平成26年4月の制度変更に伴う通算回数のリセットはありません
過去の助成回数を全て合算します

■対象

■必要書類

■送付先
〒163-8001 東京都新宿区⻄新宿2-8-1 都庁第⼀本庁舎28階
東京都福祉保健局 少⼦社会対策部 家庭⽀援課 ⺟⼦医療助成担当
TEL:03-5321-1111(都庁代表) 内線32-667、675〜677
※簡易書留や特定記録郵便など、差出・配達が記録される郵便を推奨

■その他詳細
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/kosodate/josei/funin/shinsei.html
東京都福祉保健局上記ページ内にある下記PDFを参照してください
東京都特定不妊治療費助成事業のご案内【説明書】令和2年7月版