「この言葉、知ってる?」女性不妊の用語をわかりやすく解説

東京都は不妊治療にあたった夫婦に対して治療に要した費用を助成しています。前回は男性側の不妊検査の概要について説明しましたが、今回は女性側の不妊検査の概要について説明してきます。

超音波検査

腟内に超音波を発生させるプロープを入れ、反響する信号を画像にし、リアルタイムで体内の様子を観察します。子宮筋腫の有無や場所・大きさ、子宮内膜の厚さ、子宮内膜症の有無など、さまざまなことがわかる大切な検査です。卵子と精子が出会う卵管がきちんと開通しているか、ふさがっていないかは、子宮に細い管をいれ、官から造影剤を注入しながらレントゲンを撮る子宮卵管造影検査で判断できます。子宮筋腫の有無や場所・大きさ、子宮内膜の厚さ、子宮内膜症の有無など、さまざまなことがわかる大切な検査で、痛みもありません。また、超音波検査で卵胞の大きさを観察することにより、排卵日をほぼ正確に予想することも可能です。

内分泌検査

血液を採取して各ホルモン検査を行います。ホルモン検査には、下垂体から放出されるホルモン(卵巣を刺激する卵胞刺激ホルモン[LH]・黄体形成ホルモン[FSH])、女性ホルモン・男性ホルモン、黄体ホルモン(プロゲステロン)、母乳を分泌するプロラクチンや甲状腺ホルモンの検査が含まれます。ホルモンは月経周期によっても変化しますので、月経期・黄体期などに分けて検査します。また、最近では抗ミュラー管ホルモン(AMH)の測定が普及しています。これの値は卵胞数を反映しており、卵巣機能の予備的な確認に有用とされています。

感染症検査

血液検査を行い、B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒などの感染症がないかを調べます。性病に感染していると妊娠可能性が下がるため、必須の検査と言えそうです。

卵管疎通性検査

卵管疎通性検査には卵管通気法、子宮卵管造影法、超音波下卵管通水法の3種類が存在します。いずれも卵管の通過性を調べる検査となります。

1卵管通気法は空気や炭酸ガスを用いて卵管が通っているかを調べる検査です。 2卵管通水検査は子宮内に挿入したカテーテル生理食塩水を注入して卵管の通り具合を調べる検査です。
3卵管造影検査はX線透視下で造影剤を流して行うことで左右の卵管の通過性を具体的に確認することが出来る検査です。

フーナーテスト

排卵前、頚管粘液が出ていると思われる時期に性交渉を行い、その粘液の中に精子がどのくらい存在しているかを調べるテストです。
また、精子がどのような動きをしているかも観察し、卵管までうまく辿り着くことができそうかも確認します。

子宮鏡検査

内視鏡を挿入し、子宮の内面を直接観察する検査です。他の検査等で子宮内膜に異常があるかもしれないと診断された際に行われます。

下記に東京都の不妊助成金に関する内容をまとめてありますので、合わせて確認してみましょう。